会社設立から、墓場まであらゆることは司法書士に相談!

会社を設立して仕事に意欲を燃やす人や、逆に債務整理で人生設計をやり直しする必要がある人など、様々人達を手助けするのが司法書士の仕事とも言えます。

TOP 過払い請求 過払い大阪 多重債務と過払い請求

多重債務と過払い請求

自分に過払い金が発生しているかどうかの判断材料のひとつとして、いつ借りていたかということがあげられます。

2007年より前は、法律で定められた金利より高い金利でお金を貸していた業者が多くありました。その金利に違法性があるため、過払い請求をすれば過払い金を業者から取り戻すことができるのです。

2007年以前に多重債務に陥っていた場合には、過払い金がある可能性も高いといえるでしょう。個人で業者と交渉することもできますが、素人には難しいところが多々あります。弁護士なら代わりに手続きを行ってくれて、業者との交渉も行ってくれます。確実に取り戻したい場合は、弁護士に依頼をすることをおすすめします。

過払い請求により取り戻せるお金

多重債務者の多くのかたは返済に追われ、返済するために新たに借金を繰り返すという、負のサイクルに陥っているかたも多いとおもいます。そのような状況下において、取引する金融業者は必ずしも全うな業者ばかりではないはずです。つまり正規の金融業者から借り入れできないかたの足元をみて、法外な金利を貪る金融業者がおり、そこに頼らざるを得ない状況のかたがいるということです。

そのような金融業者から借り入れた法外な金利は当然支払う必要はありませんが、多くのかたは支払い、泣き寝入りをしています。しかし、この法外な金利は取り戻せます。期限はありますが、過払い請求として弁護士等に相談することから全てが始まります。

過払い請求に関してのポイント

過払い金は貸金業者から過去に借金をしたが、出資法上の上限金利との間のグレーゾーン金利のことです。過去10年以内に完済したか、現在も返済中の方々が対象になりこのグレーゾーン金利の過払い請求をできます。

やり方としてはまず弁護士または司法書士に相談し、業者から契約内容の照会をしてもらい、過払い金がある場合は法定金利に引き直して過払い金額を確定させて返金を業者に請求します。過払い金は戻って来ますので返済中の方は返金をされ終わる事や返済金が減額されます。

多重債務の方の場合は過払い金が戻ってくる可能性が高いです。しかし借りた方々も計画的に余裕を持って借りる事を勧めます。

返済中の過払い請求はデメリットを理解

過払い請求をすることで払いすぎていた利息を返還してもらうことがよく知られています。ただし、多重債務を抱えている方は請求で注意するポイントもあります。

取り戻せる過払い金より借入金が多い場合、債務整理の扱いになり、信用会社のブラックリストにのることになります。このためローンを組めなくなったり、クレジットカードの審査が通らなくなったりします。

過払い金を取り戻すことで借金がなくなるのかどうか、まずは計算してみることが大事です。専門的な知識も必要となるので、過払い請求を得意とする弁護士などの専門家に相談してみると良いでしょう。

個人での過払い請求方法

過払い請求方法は、主に直接貸金業社と交渉する方法と弁護士等に債務整理を依頼する方法と裁判所に直接申立する方法などがあります。

そもそも過払い請求ができるきっかけとなったのが、多重債務者の救済措置として債務を減額する手段として裁判所は現行金利の法律で当初取引より金利の再計算をしてよい事を認めたからです。

弁護士等に依頼すると依頼料がかかります。個人で貸金業社と交渉してもごねられ、なかなか応じてもらえないケースもあったりします。そこでお勧めしたい方法は住まいの最寄りの簡易裁判所へ支払督促を申し立てる事です。申立費用は数千円と高額でなく、手続きも裁判所に直接問合せれば、個人でも比較的容易に手続き可能です。

過払い請求や債務整理関連

メニュー

HOME 司法書士 過払い請求 過払い大阪 弁護士 離婚弁護士 債務整理 自己破産