会社設立から、墓場まであらゆることは司法書士に相談!

会社を設立して仕事に意欲を燃やす人や、逆に債務整理で人生設計をやり直しする必要がある人など、様々人達を手助けするのが司法書士の仕事とも言えます。

TOP 過払い請求の対象者を把握

過払い請求の対象者を把握

過払い請求は、必要以上に借りていたお金を返していた場合に対象になります。現在、貸金業者には一定の利率以上に設定してはいけないルールが設定されています。昔はこのルール以上の利率で借りたお金を返していることもあり、その場合は請求の対象です。すでにお金を返し終わっている方でも対象になるため、昔お金を借りたことがあるなら一度調べてみることをおすすめします。

調査のみ無料で行ってくれる専門家もいるため、一度相談に行ってみましょう。もちろん現時点でお金を返している途中でも、請求を行うことができます。多重債務に悩んでいる場合は、過払い請求の手続きがおすすめです。

過払い請求のメリット、デメリットを知ろう

多重債務により生活が困窮して、債務者の人生そのものが壊れてしまうのは非常に悲しいでき事です。そういう事態を防ぐ、または取り返せるものは取り返し、次の人生の糧として注意するといった、弱者保護や制度について日本は進んでいる方です。何故なら欧米や中国等はやはり自己責任や自助努力をより大事にしますし、お客様は神様ですという概念や慣習はありません。これは国民性の違いによるものです。

話を戻しますと、過払い請求のシステムは債務者には優しい制度です。ただしデメリットも当然存在して、過払い請求した貸金業者からは借り入れはできなくなります。メリット、デメリットを知った上で使うべきです。

ローンのお金が戻る過払い請求

過払い請求や多重債務などの単語は耳慣れない方もいるかと思いますが、直面した時のために知っておきたいこととして、 ローンの計算に正確さを欠いている事例が案外多いのです。けれど真面目な方は、金額に疑うことなくコツコツと返済をしている方が多くいます。 ですので、返済済みのローンであっても、明細が残っていれば今一度、正確に計算しなおして払いすぎた利息を取り戻せます。

一度、確認のために弁護士などの専門家に頼んでみて再計算をしましょう。今なら、無料で相談にのってくれる法律事務所があります。しかし、10年以上前の返済だった場合は時効になっていることが大半です。

過払い請求の時効が10年なのはなぜか

多重債務者を含め皆さんが「貸金業者が法律を違反して不当に得た利益なのに、どうして10年を越えたら時効が成立してしまうの?」と疑問を持った方がいるかもしれません。

不利益を被った消費者を守るために、過払い金には時効を決めておくべきという考え方があります。

しかし、法律の格言の意味合いが通用するならば、過払い請求できる権利を持ちながら行使しなかった方が悪いというようになってしまうのです。少し冷酷な態度に思えるかもしれませんが、せっかく権利を持っていても、それを使わなければ仕方がなく、可能性がある人は専門家に相談してみるのがいいと思われます。

過払い請求が発覚して弁護士事務所に相談

借金に関するテレビCMなどを目にする機会が多いでしょうが、過去に多重債務など借金をしていた経験のある方は、過払い金があるかどうか弁護士などの専門家に確認してみると良いでしょう。

すでに完済していて、現在は借金をしていないという方も利用でき、当時借金をしていた金融機関に過払い分を請求できるのです。

この場合過払い請求をして帰ってきたお金はすべて自分の懐に入るので、嬉しいことでしょう。現在も借金をしている方はその返済額の足しにできるなど損はありません。弁護士への相談は無料でできる場合もあるので、一度確認してみると良いでしょう。

過払い請求や債務整理関連

メニュー

HOME 司法書士 過払い請求 過払い大阪 弁護士 離婚弁護士 債務整理 自己破産