会社設立から、墓場まであらゆることは司法書士に相談!

会社を設立して仕事に意欲を燃やす人や、逆に債務整理で人生設計をやり直しする必要がある人など、様々人達を手助けするのが司法書士の仕事とも言えます。

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い金の有無を司法書士や弁護士に相談

過払い金の有無を司法書士や弁護士に相談

できる事なら面倒で多額のお金も必要になる事がある裁判を行う事なく過払い請求を済ませたいと考える人が多い様ですね。

しかし、弁護士、司法書士に依頼した場合でも裁判になってしまう事もあります。彼らはできるだけ交渉をしてすぐに取り戻そうとしてくれる事でしょう。それでも、金融機関が応じてくれないという場合には裁判せずに過払い請求を行うというのは難しいかもしれません。裁判になるとまた更に費用がかかると考えられます。

戻ってくる過払い金がすべて手に入る分けではなく、支払いを行うと残りが少なくなってしまうという事も考えられます。ですので、裁判を行うかどうかは自分で判断する事ができます。

話題の過払い請求について

昨今話題の過払い請求は、払いすぎた金利を取り戻すことをいいます。借金をされた方はわかると思いますが、借金は借り手の立場が圧倒的に不利で、圧倒的な貸し手市場です。それは借金という性質上やむを得ない感もありますが、それにかこつけてやりたい放題の金融業者が横行しているのも紛れも無い事実になります。

そのような現状において、法外な金利を知識不足から支払っている方を救済する方法として過払い請求があります。ご自身で交渉することもできますが、知識不足は否めず足らわれる可能性が高くなります。そこで弁護士等に依頼する方が増えており、多額の払い戻しを受けることも可能ですが、払い戻しの期限があるので注意が必要です。

過払い請求の仕組みや時効など

借り入れの上限金利を定めた法律があります。利息制限法による利息で計算し直した時に、借金がゼロになってからも支払い続けているお金でこの場合には過払い請求ができます。

多重債務の方に多い過払い請求の仕組みとしては貸金業法において、貸金業者は出資法で定める年利29.2パーセント以内であれば利息制限法の上限を超える利息を取ってもよいことになっていたために、これまでの多くの貸金業者が年利29.2パーセント近くの高い利息でお金を貸し付けてきました。この利息制限法を超えるけれども貸金業者が受け取っても良いとされていた利息が、グレーゾーン金利と呼ばれていてこの部分が問題です。そして時効は10年であります。

近年増えている借金の過払い請求

近年、借金による過払い請求を促す広告を良く目にします。弁護士に相談することによって、すでに借金を完済している方は過去の返済状況を遡り、利息制限法の上限を超えており、払いすぎてしまっている利息の返還を要求することができます。

また、現在借金を返済中の方は、利息制限法に基づいた確認を行い、その差額を返済金に充てたり、親族などからの資金援助によって、借金をいったん完済し、その分利息の軽減を求めて借金の金額を減らしたりする交渉が行われます。思い当たる借金がある場合は、まずは過払い請求が得意な弁護士に相談すると良いでしょう。

過払い請求の不安はさまざま

過払い請求で過払い金を取り戻せるのでしょうか。多くの債務者は知識不足から不安に駆られる方も多いと思います。

昔のことだから、逆恨みが怖いからなど、さまざまな理由により過払い金の請求に躊躇している方もいます。そして、弁護士などに相談しても多額の費用がかかり、過払い金を取り戻せなかった際は費用だけがかかるのではないかと考えて、行動に移せないのではないでしょうか。

しかし、実際のところ業者から過払い金を取り戻せなかった場合は、費用は無料のケースが多いのが現状です。それは請求の負担が少なく、高確率で取り戻せるからです。

過払い請求や債務整理関連

メニュー

HOME 司法書士 過払い請求 過払い大阪 弁護士 離婚弁護士 債務整理 自己破産