医師転職ナビゲーション!

会社を設立して仕事に意欲を燃やす人や、逆に債務整理で人生設計をやり直しする必要がある人など、様々人達を手助けするのが司法書士の仕事とも言えます。

急ぎで司法書士に相談

もしすぐに司法書士に相談したい事が出て来た場合には、メールではなくて電話してみるといいかもしれませんね。メールであれば、しばらく気が付いてくれない事もあります。

メールがいいという場合には、急ぎだという事まで記述して送りたいですね。特にいつまでに対応してほしい、という場合にはその日時も伝えておき、対応してくれるかどうか確認してみましょう。

普段から忙しく仕事をしている司法書士もいますので、すぐに仕事に取り掛かってくれるかどうかは、聞いてみないと分からない事もあるでしょう。

そのまま仕事を依頼できればいいですが、難しい場合には別の人を探さないといけない事もあるでしょう。

司法書士と本人の対応について

司法書士のサービスの内容については、各地の事務所の対応によって、大きな違いがみられることがありますが、なるべく多くの経験者からアドバイスを受けることが大事です。

現在のところ、過払い金のトラブルを抱えている人が増えてきており、借金相談のタイミングをじっくりと見極めることが大切です。 また、司法書士の選び方についてわからないことがある場合には、本人の問題をしっかりと相談をすることが良いでしょう。 その他、なるべく早いうちに各地の事務所の報酬額の相場をチェックすることが重要なテーマとして位置付けられています。

司法書士に依頼をして訴訟になったら

司法書士は、簡易裁判所までしか代理人となれません。過払い金の金額や借金の金額が140万円以下という制限もついています。地方裁判所まで争いが発展したら、訴訟の代理人となれませんので、弁護士を雇うことになります。自己破産や個人再生は地方裁判所の管轄なので、司法書士は借金相談にのったり、書類を作成したりすることはできますが、代理人として裁判に出席してもらうことはできません。

地方裁判所まで争いが発展しそうな事案では、最初から弁護士に依頼をしておいたほうがよいかもしれません。中には、その弱点をついて、争いを長引かせようとする相手もいるようです。