会社設立から、墓場まであらゆることは司法書士に相談!

会社を設立して仕事に意欲を燃やす人や、逆に債務整理で人生設計をやり直しする必要がある人など、様々人達を手助けするのが司法書士の仕事とも言えます。

TOP 離婚弁護士 養育費の相談は離婚弁護士にしましょう

養育費の相談は離婚弁護士にしましょう

離婚の際に一番の問題になるのは子供のことです。可愛い子供を一人前の大人に育てるには、お金が必要です。離婚をしても、子供に対して親としても責任を果たす義務はあります。それが養育費というものです。

慰謝料ももちろん大切ですが、それ以上に養育費は大切なものです。子供が成人するまで、滞ることなく払い続けてもらわなくてはなりません。そんな大切なお金のことは、離婚弁護士に相談するのがおすすめです。

たくさんの離婚を扱ってきたエキスパートだからこそ、あなたの相談も解決に導いてくれます。離婚弁護士に相談してみてはいかがでしょう。

離婚弁護士に相談するメリット

離婚をする場合の手続きは、離婚弁護士に相談することをお勧めします。 夫婦間の話し合いで離婚をする場合は協議離婚といいますが、裁判所の手続きにより離婚をする場合は、調停手続きで離婚する調停離婚や、離婚訴訟で離婚する裁判離婚などがあります。いずれの場合でも、弁護士は代理人となることができます。

離婚による相手との交渉や、訴訟などの代理人となることができます。どの段階で弁護士に依頼すればよいかはそれぞれ事案ごとに違ってきますが、それでもあらかじめ弁護士からアドバイスを受けていたほうが、自分で交渉する場合においても適切に対応することができますので、離婚弁護士に一度相談されることをお勧めします。

離婚弁護士の相談と着手金について

夫婦関係が最悪になって離婚が話し合いでは解決できない場合は、離婚弁護士に依頼することをおすすめします。スムーズに離婚裁判ができ、大きなトラブルにならずに解決できます。

しかし離婚弁護士への相談費用や着手金などが必要になり、お金の問題がでてきます。相談費用は無料の離婚弁護士もいます。弁護士報酬は依頼した時に、結果に関係なく支払う費用である着手金と日当その他と離婚が終了した時に結果に応じて支払う費用の報酬金が必要になります。

離婚調停の弁護士費用は定まっていませんが多くの弁護士がこの弁護士報酬を採用しています。

離婚弁護士は評判をみて相談する

結婚をしたときには、一生離婚などしないと思っても、思わぬことで離婚をしようということはあります。ただ、結婚に比べて離婚をするときの労力というのはとてつもないものと言われています。

もしおこさんがいて、親権のことその後の慰謝料のことなど、問題が鵜う山積みになりそうなときは、離婚弁護士に相談するほうが、スムーズに解決します。

ただ離婚弁護士の選び方は評判がいい弁護士にお願いしたほうがいいです。たくさんの離婚相談の経験があったり、裁判でもうまく解決をしているなどの実績を確認してお願いしたほうが早い解決に導いてくれます。

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

弁護士関連

メニュー

HOME 司法書士 過払い請求 過払い大阪 弁護士 離婚弁護士 債務整理 自己破産